「黄金の島」 上下 真保裕一

f0059905_15355758.jpg 「命の洗濯をしてこい。わかるな、修司」。所属する暴力団の権力抗争から幹部の恨みを買った坂口修司。バンコクへと身を潜めたが、待っていたのは謎の刺客だった。度重なる襲撃をかわし、逃げたベトナムでシクロ乗りの若者と出会う。はたして修司に安住の地などあるのか。手に汗握る迫真の国際サスペンス超大作。アマゾンより

またまた夢中になり一気読み。
今の日本や幸せについて色々考えさせられる。
それにしても真保さんの作品はいつも、かなり感情移入しちゃうけど、その訳が最後の解説で矢口誠(翻訳家)が語る中でなんとなく分かった気がした。
読者をひきつけて離さないものには、なるほどそれなりの工夫、テクニックがあるのね・・・・解説を読んでこんなに面白いと思ったのは初めてかも(笑) 
真保さんの作品にはまりつつあるなあ。

という事で益々7月公開予定の織田さん主演の映画「アマルフィ」、期待しちゃいますっ♪(何気にしっかり宣伝♪)
Commented by ゆき at 2009-03-02 11:38 x
shinobuさんこんにちは!
真保さんのサスペンス、いいですよね~♪
ひとつ気になるのは、真保さんはラブの描写はあんまりお得意ではない
のかな?ということです。
「アマルフィ」では織田さんの色っぽいシーンが見られるでしょうか・・・・。
辛いけど、見たいんです(笑)

お仕事残念でしたね。でも明るいshinobuさんのことですから、最も
良い時期に、最もふさわしい仕事が見つかると思いますよ(^^)
Commented by shinobou at 2009-03-02 17:55
え~~~っ!色っぽシーンはいらんいらんいらん~~!
私は見れません・・・・私の頭の中で私相手だけでいいです(笑)
だって天海さん好きだし・・・って女神は誰?
お仕事は残念でしたが未練はありません。
だって、織田さんと握手する時に、がさがさで、爪がぼろぼろなんて絶対嫌ですもんっ♪
自分の手は結構好きなので・・・
by shinobou | 2009-02-28 15:44 | 読書 | Comments(2)

最近の自分の原動力はアルスマグナと電撃チョモランマ隊。織田裕二とジェットリーも好き。双子を含む4姉妹の母の戯言です。 since2001.10.12


by shinobou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る